代表挨拶・スタッフ紹介

アルドのチームのご紹介

株式会社アルド 代表取締役 山本 貴之

株式会社アルドは、平成21年に創業し、育ての父親から引き継ぎました。

会社名の由来は、「なんでもあるど」(何でもありますよ!)と、衣食住の提供価値で社会に貢献する為に作った会社と聞いています。

育ての父親が突然亡くなり、葬儀が終わった後に、会社の引継ぎ、死後の手続き等、悲しむ暇もなく、やらなければいけない事だらけで、 思い通りに手続きを進める事が出来ませんでした。 当時を思い返すと、中々相談する人もいなく、不安ばかりで余裕が無かったと思います。

ある時に、他にも同じように葬儀が終わって、困っている人がいると思い、そんな方たちの不安を取り除き、安心してもらうために、遺族支援事業を立ち上げました。

始めてみると、ご遺族のお悩みは、人それぞれ、様々な悩みがありました。 自分よりもはるかに大変な思いをしてる人も、沢山いました。 今ではスマートフォンで調べるのが当たり前かもしれませんが、携帯電話を持っていなく何も調べられない方など、当たり前が当たり前ではないと、自分達もお客様に気付かされる事ばかりです。

これからも「何から始めていいか分からない」「誰に相談して良いか分からない」この問題をいち早く解決する為に、遺族支援事業では、「初動が大切」と皆様にお伝えしていきます。

徹底的にご遺族の立場となって考え、どんなささいな事でもお応えできるように、スタッフ一同、一丸となって、ご遺族支援を必要な方に、必要なタイミングで、私達が提供できるように活動していきます。

株式会社アルド 代表取締役 山本 貴之
(やまもと たかゆき) 

株式会社アルド 取締役 木村 隼人

約14年間、保険の仕事をしていて、がん保険、医療保険を中心に、相続や資産運用なども含め、病気になる方など、ライフプランナーとして、総合的にお客様と関わってきました。

ある日、自分の母親が亡くなった時。これまでも亡くなる方と関わる仕事をしていて、手続きには免疫があると思っていたのですが、亡くなった後の手続きが想像以上に大変でした。

代表の山本さんに出逢って、遺族支援を通して、お客様に誠実に接し、お客様に寄り添う想いに共感しました。
遺族支援で関わるというのは、人生に寄り添う事だと思っています。
大切な方を亡くした直後に、精神的な部分で、道筋をつけてもらうということが、ご遺族にとってどんなに大切なことなのか実感しました。
今では、自分も遺族支援を広めたいと思い、遺族支援の活動をしています。

株式会社アルド 取締役 木村 隼人
(きむら はやと)

株式会社アルド 相談員 さとう ともこ

想いを形に
“なんでもあるど”

ブライダルのお仕事に携わり約15年
冠婚葬祭には詳しい方だと思っていました。

ですが、自身の身内のお葬儀の時に
何もできなかった自分がいて

「こんな時に頼れる存在でいたい」
そう思うようになりました。

お葬儀の後、
“あーすればよかったのか。
こーすればよかったのか。”
と後々後悔される方が1人でも少なくなるように
ご遺族に寄り添ったアルドでしかできないサービスを創造し続けお届けしていきます。

株式会社アルド 相談員 さとう ともこ

特別顧問 一番化戦略研究所株式会社 髙田 稔

私が株式会社アルドの遺族支援に関わらさせて頂いているのは、先祖代々から受け継がれている「命」を次世代の人に受け継いて頂く中で、核家族化、価値観の多様化といったことを含め何が正しいのかという正解はありません。 そのような状況下で、残された親族には有形、無形のモノを含め「文化の継承」というものが少なからずご先祖様からされているはずです。 株式会社アルドは正解のないサービスをいかに遺族に寄り添い、ご意向のもと俯瞰し価値を提供されることに対して私自身も関わらさせて頂いております。
【髙田 稔 先生のご経歴】 一番化戦略研究所株式会社 代表取締役 英国University of Huff MBA マーケティング専攻 立命館大学経済学部卒業 1993年アメリカンエキスプレス入社。一貫して加盟店営業、特に新規獲得に従事。冬期長野オリンピック、沖縄サミット開催準備などのビッグプロジェクトに参加。現場での新規開拓営業のリーダー的存在に。日本国内及びグアム、マイクロネシア地域の営業及びマネジメントを10年間行う。営業成績が認められ3年連続でトップ10以内に入り、1位の社長賞も受賞。 2003年渡英しUniversity of HuffにてMBAを取得。2005年帰国後、「一番化戦略コンサルタント」として独立し大企業では研修、中小企業ではコンサルティング、大学では講義、講演を数多く行う。ロイタージャパン、ヒューレットパッカード、ダニスコなどのグローバル企業での研修を行う。北海道地区では、北海道ガス、リンナイ、内田洋行にて研修を行う。

特別顧問 一番化戦略研究所株式会社 髙田 稔
(たかだ みのる)

行政書士  舘田 貴治

代表の山本さん自身が、ご家族を亡くされて大変だった経験を基に、遺族支援を立ち上げたいという想いに賛同し、遺族支援事業に関わる事にしました。 遺族支援で行政書士が担当するのは「相続人調査」「相続関係図の作成」「遺産分割協議書の作成」等ですが、 ご遺族とその他の士業(司法書士、税理士、社会保険労務士等)との繋ぎ役にもなります。 士業に質問することはハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思いますので、「こんな事を聞いたら迷惑かな?」等と思わないで、気になった事は何でも聞いてもらえるように心がけています。

行政書士  舘田 貴治
(たてだ たかはる)

札幌の遺族支援なら 【株式会社アルド】-北海道 札幌市 死亡後 手続き 相続 不動産 なら アルドにおまかせ!